不動産売却の時に訪問査定を依頼するメリットやデメリットは?


【不動産売却の時に訪問査定を依頼するメリットやデメリットは?】

不動産を売却する際に行っておきたいのが、不動産の査定です。不動産の査定には簡易査定と訪問査定の2種類がありますが、正確な査定価格を算出してほしいなら訪問査定を依頼するのがおすすめです。

簡易査定は最短即日で査定結果が分かる上に必要書類も何もいらないなど短時間で売却したい人におすすめですが、簡易的に査定するだけなので大まかな査定価格しか分かりません。より正確な査定価格を算出してほしいなら、訪問査定を依頼しましょう。

それでは、訪問査定のメリットやデメリットについてご説明しましょう。

【訪問査定とは?】

訪問査定とは、売却予定の不動産に担当者が来てじっくりと査定をしてもらうことです。

簡易査定では不動産の情報をデータで伝えるだけでしたが、訪問査定はデータだけでは分からないところまでじっくりと査定してくれるので正確な査定価格を算出してくれるのが最大の特徴です。

訪問査定でチェックされるのは、敷地の形状や接道幅員、周辺状況やライフライン、建物の状況などで、データ上では分からないところまで隈なくチェックされます。良いところや悪いところをひっくるめて査定価格を算出するため、簡易査定よりも信用できる査定価格が分かるでしょう。

不動産売却において物件個別的要因が重要になるため、全てを包み隠さず査定価格に反映してくれる訪問査定を行うのがおすすめです。ただし、じっくりチェックされる以上、ある程度の時間が確保できる人でなければできない方法でもあります。

【訪問査定のメリット】

訪問査定のメリットは、以下の通りです。

・費用がかからない
・担当者の対応で見極められる

それでは、訪問査定のメリットについてご説明しましょう。

〇費用がかからない

訪問査定を依頼することで費用が発生するのかと思われるかもしれませんが、基本的に無料で行われるのがメリットです。但し、業者によっては有料のケースもあるので事前に確認しましょう。

訪問査定で料金を支払ってもらうのが目的ではなく、訪問査定を行ったことによって契約に繋げることが目的なので断られてもマイナスにはなりません。依頼する場所によっては費用が発生する可能性があるので注意が必要ですが、無料で訪問査定を行ってくれるなら是非とも依頼するに越したことはないでしょう。

〇担当者の対応で見極められる

訪問査定は不動産会社を代表し、査定を行う担当者が対応する以上、その時の対応で売却を依頼するか見極めることができます。

もしも対応に雑さを感じたら他の不動産会社に相談すればいいだけですし、査定されている時に質問をしても快く答えてくれたり、気持ちのいい対応してくれたりするようであればその不動産会社に売却を依頼しても良いでしょう。

【訪問査定のデメリット】

訪問査定のデメリットは、査定結果が分かるまで時間がかかることと必要書類が多いことです。

訪問査定の結果はその場で分かるものではなく、現地の査定情報を元に査定結果を厳密に判断するため、基本的に1週間程度の時間がかかります。しかも必要書類を多く揃えなければならないので、時間も手間もかかってしまうでしょう。

時間をかけたくないなら大まかな査定結果でもいいので簡易査定を依頼するのがおすすめですが、詳細な査定結果を算出するために時間がかかるのは仕方がありません。

必要書類が多いといっても、どのみち不動産を売却する際に必要になるので前もって用意するものだと言えるでしょう。

【まとめ】

不動産を売却する際により正確な査定価格を算出してもらいたいなら、訪問査定を依頼するのがおすすめです。訪問査定であればじっくりと査定してくれる上に費用もかかりません。訪問査定を行う担当者の対応で依頼する不動産会社を変えるのも良いでしょう。

ただ、査定結果が出るまで時間がかかるのと、多くの必要書類を用意しなければならない点には要注意です

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA