不動産売却の時に簡易査定を依頼するメリットやデメリットは?

【不動産売却の時に簡易査定を依頼するメリットやデメリットは?】

不動産売却を行う上で重要なのは、不動産会社に査定を依頼することです。不動産会社に査定を依頼することによって売却する際の参考価格が分かりますが、査定には簡易査定と訪問査定の2種類があります。

訪問査定は実際に売却予定の不動産に訪問して、担当者の目線で様々な要素を加味した上での査定結果が算出されます。しかし、訪問査定はある程度の時間を必要とするので、忙しくて時間がない人などにはおすすめできません。

そういった人におすすめなのが、簡易査定です。それでは、簡易査定のメリットとデメリットについてご説明しましょう。

【簡易査定とは?】

簡易査定とは、文字通り簡易的に不動産の査定を行う方法です。簡易的ではありますが、専有面積や用途地域、建ぺい率、築年数や周辺地域など様々なデータをもとに査定結果を算出するので大まかな査定結果が知りたい時に大変便利です。

査定を依頼して様々なデータを送付すると、メールで想定価格が算出された査定結果が納付されます。とても簡易的とは思えないほどしっかりとしたデータに基づく査定価格が算出されるのが特徴で、なぜこの想定価格になったのかどうかも記載されています。

周辺地域で類似する不動産の売却事例をピックアップして教えてくれるなど、今後の査定結果を考える時の参考になるでしょう。

【簡易査定のメリット】

簡易査定には、以下のようなメリットがあります。

・短時間で査定価格が分かる
・必要書類を用意する必要性がない

簡易的なので本当に大丈夫なのかと思うかもしれませんが、その結果は大まかな査定価格を知るには十分なものだと言えるでしょう。それでは、簡易査定のメリットについてご説明しましょう。

〇短時間で査定価格が分かる

簡易査定を依頼すると、短時間で査定価格が分かるのが大きなメリットです。

実際に不動産に訪問して査定を行うものではないため、すぐに不動産を売却したい人におすすめです。依頼する時は不動産会社に査定をお願いし、必要なデータを伝えるだけなので手間がかかりません。そして査定を依頼してから最短即日、あるいは3日以内に査定結果がメールで届きます。

このようにすぐに査定結果が分かるため、すぐに不動産を売却したい人や遠方にいて訪問査定に立ち会うことができない人などにおすすめです。

〇必要書類を用意する必要性がない

簡易査定の大きなメリットは、必要な書類を用意する必要性がないことです。

不動産会社に伝えるのは不動産の様々な情報と個人情報だけでいいので、契約書などを初めとする必要書類を用意せずに済みます。必要な書類といっても何を用意すればいいのか分からなかったり、すぐに用意できなくて時間をかけてしまったりすることもあるでしょう。

そのような手間がないからこそ、すぐに査定結果が分かります。

【簡易査定のデメリット】

簡易査定のデメリットは、何といっても査定結果が正確ではないことです。

簡易査定はあくまで物件の情報と個人情報を伝えるだけでは、やはり大まかな査定しかできないのが現状です。不動産のデータだけで分かることには限界があるため、より正確な査定価格を算出するためには訪問査定を行った方が良いでしょう。

【まとめ】

簡易査定はあくまで簡易的な査定なので、時間がない人や遠方にいる人などにおすすめの方法です。査定に必要な書類を用意する必要性はありませんし、最短即日で査定価格が分かるというメリットがあるため、すぐに不動産を売却することができるでしょう。

しかし、あくまで簡易的に査定を行う以上、正確な査定価格が算出されるわけではありません。より正確な査定価格を算出してほしいなら、訪問査定を行うのがおすすめです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA